お問い合わせはこちら アクセスマップ

解決事例

【交通事故被害】兼業主婦の方の休業損害が増額した事例

【事案の概要】
57歳のパート勤務のBさん(女性)が,追突事故により負傷し,通院総日数154日,通院日数104日の治療を行いました。Bさんは,パート収入だけでなく,主婦として,仕事と家事を両立していました。しかし,今回の事故で長期間働けなくなったことから仕事も辞めざるをえなくなりました。
保険会社の休業損害提示額は当初81万円でしたが,提示額に疑問を抱いたBさんは,今回も当事務所で定期的に行っている無料交通事故相談会に参加し,相談することにしました。

【当事務所の対応】
いただいた賠償額の提示を精査したところ,パート勤務のいわゆる兼業主婦の場合,パートの収入と専業主婦としての損害評価のどちらか高い方を基準に休業損害を算定するというのが実務の対応です。しかし,今回は主婦と仕事を両立していたことを強調し,賃金センサスを基準とした収入を得られる蓋然性があること主張し,交渉した結果最終的に休業損害を132万円まで増額することに成功しました。

【解決のポイント】
パートの兼業主婦の方の場合,主婦としての休業損害以上の金額を獲得するには,賃金センサスを基準とした収入を得られる蓋然性を主張・立証することがポイントとなります。

当事務所の解決事例

相談から解決までの流れ


アクセスマップメールでのお問い合わせはこちら
  • 無料相談受付中
  • 推薦者の声
  • お客様の声
  • 当事務所のサービスについて
  • 取扱い業務
  • 法律相談の流れ
  • 解決事例
  • セミナー・講演
  • 法律Q&A
  • 支払いが不安な方
  • 無料法律相談会
  • 交通事故のご相談は交通事故専門サイトへ
  • 離婚・男女問題のご相談は離婚・慰謝料相談専門サイトへ
  • 法テラス

地域の皆さまの力になります!茨城の法律相談お任せください!

対応エリア

茨城県全域(石岡市、潮来市、稲敷市、牛久市、小美玉市、笠間市、鹿嶋市、かすみがうら市、神栖市、北茨城市、古河市、桜川市、下妻市、常総市、高萩市、筑西市、つくば市、つくばみらい市、土浦市、取手市、那珂市、行方市、坂東市、常陸太田市、常陸大宮市、日立市、ひたちなか市、鉾田市、水戸市、守谷市、結城市、龍ケ崎市、茨城町、大洗町、城里町、東海村、大子町、美浦村、阿見町、河内町、八千代町、五霞町、境町、利根町)、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都など、関東地域

弁護士法人萩原総合法律事務所

事務所案内

事務所一覧


事務所一覧メールでのお問い合わせはこちら
ページトップへ