お問い合わせはこちら アクセスマップ

解決事例

【交通事故】トラックの車両価値が争いになり,相手方保険会社の提示額から100万円以上の増額が認められた事例

【事案の概要】

当方車両(冷凍冷蔵機能を付けたボディを搭載したトラック)が前方が青信号であることを確認し,交通整理の行われている交差点内に進入したところ,当方車両の右方より赤信号を無視して同交差点内に進入してきた相手方運転車両が当方車両の右側面部に衝突したというものである。

【訴訟に至る経緯】

当方から車両価値を300万円,代車相当額(代車の代わりに代替車両を購入した費用)200万円を請求したところ,相手方保険会社は140万円(新車購入費用の1割+諸費用)の提示しかなかったため,訴訟に至る。

【訴訟中の活動】

依頼者の協力も得て2度,車両を撮影し,冷凍冷蔵装置の重要性,価値の増加を主張した。

【結果】

金270万円での和解成立

【トラック物損事故の特徴】

1 トラック構造について

ボディメーカーと車両メーカーが別であることから,ボディ単体の値段は1台毎に違います。

2 車両価値が不明確

①トラックを仕入れて,ボディをオーダーメイドで注文するため,架装費用分をどう車両価値の評価に反映させるかが問題となります。

②裁判所だけでなく,弁護士も車両価値がよく分からないといった事情があります。商用車のレッドブックはありますが,それだけでは架装した分の価値の増加は分かりません。

どのような架装を加えたことでどれだけ価値が増したかを現物の写真を見せながら,依頼者の協力(装置の説明,費用の説明等の資料を提供)を得ながら裁判所に架装の価値を認めてもらったところが今回増額に至ったポイントです。

当事務所の解決事例

相談から解決までの流れ


アクセスマップメールでのお問い合わせはこちら
  • 無料相談受付中
  • 推薦者の声
  • お客様の声
  • 当事務所のサービスについて
  • 取扱い業務
  • 法律相談の流れ
  • 解決事例
  • セミナー・講演
  • 法律Q&A
  • 支払いが不安な方
  • 無料法律相談会
  • 交通事故のご相談は交通事故専門サイトへ
  • 離婚・男女問題のご相談は離婚・慰謝料相談専門サイトへ
  • 法テラス

地域の皆さまの力になります!茨城の法律相談お任せください!

対応エリア

茨城県全域(石岡市、潮来市、稲敷市、牛久市、小美玉市、笠間市、鹿嶋市、かすみがうら市、神栖市、北茨城市、古河市、桜川市、下妻市、常総市、高萩市、筑西市、つくば市、つくばみらい市、土浦市、取手市、那珂市、行方市、坂東市、常陸太田市、常陸大宮市、日立市、ひたちなか市、鉾田市、水戸市、守谷市、結城市、龍ケ崎市、茨城町、大洗町、城里町、東海村、大子町、美浦村、阿見町、河内町、八千代町、五霞町、境町、利根町)、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都など、関東地域

弁護士法人萩原総合法律事務所

事務所案内

事務所一覧


事務所一覧メールでのお問い合わせはこちら
ページトップへ