茨城の弁護士 法律相談 | 弁護士法人萩原総合法律事務所(茨城県筑西市・常総市・ひたちなか市) | TOPICS

お問い合わせはこちら アクセスマップ

TOPICS

【労働】残業代請求訴訟の実務

平成29年8月8日に筑西本部において,野田弁護士・萩原弁護士が,残業代請求訴訟の実務について,社会保険労務士の先生方と勉強会を行いました。

以下,セミナー中回答が終わらなかったご質問に関して,回答を掲載いたしました。

 

今回は,残業代請求訴訟に関して,二つの判例を取り上げて労働者側からの注意点,使用者側からの注意点等を講義しました。

積極的にご質問,ご指摘いただき,当事務所でも大いに学ばせて頂く機会となりました。

 

質問・回答が講義時間内に終了しなかったものについて,以下に掲載させていただきます。

 

質問  付加金の負担を減らす方法は無いか。

回答  興味深い最高裁判例がありますので,ご紹介します。

一審で残業代支払い及び付加金の支払いを命じられた会社が,控訴を申立て,控訴審の期間中に残業代全額を労働者に払った場合,裁判所は会社に対してさらに付加金の支払いを命ずることができないと判断した判例があります(平成26年3月6日判タ1400号97頁)。

理由を要約すると,付加金の支払い義務は,使用者が未払い割増賃金等を支払わない場合に当然発生するものではなく,労働者の請求により裁判所が付加金の支払いを命じることによってはじめて発生するものである。従って,使用者が割増賃金を支払っていなくても,裁判所が支払いを命じるまでの間に,使用者が支払いを完了し,義務違反の状況が消滅した場合は,もはや裁判所は付加金の支払いを命じられなくなる,ということです。(参照:労基法114条)

以上より,一審で付加金の支払いを命じられた場合,控訴審で争い,敗訴の見込みが立った時点で残業代を支払えば,付加金の負担を減らすことも可能と考えられます。

 

当事務所の解決事例

相談から解決までの流れ


アクセスマップメールでのお問い合わせはこちら
  • 無料相談受付中
  • 推薦者の声
  • お客様の声
  • 当事務所のサービスについて
  • 取扱い業務
  • 法律相談の流れ
  • 解決事例
  • セミナー・講演
  • 法律Q&A
  • 支払いが不安な方
  • 無料法律相談会
  • 交通事故のご相談は交通事故専門サイトへ
  • 離婚・男女問題のご相談は離婚・慰謝料相談専門サイトへ
  • 法テラス

地域の皆さまの力になります!茨城の法律相談お任せください!

対応エリア

茨城県全域(石岡市、潮来市、稲敷市、牛久市、小美玉市、笠間市、鹿嶋市、かすみがうら市、神栖市、北茨城市、古河市、桜川市、下妻市、常総市、高萩市、筑西市、つくば市、つくばみらい市、土浦市、取手市、那珂市、行方市、坂東市、常陸太田市、常陸大宮市、日立市、ひたちなか市、鉾田市、水戸市、守谷市、結城市、龍ケ崎市、茨城町、大洗町、城里町、東海村、大子町、美浦村、阿見町、河内町、八千代町、五霞町、境町、利根町)、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都など、関東地域

弁護士法人萩原総合法律事務所

事務所案内

事務所一覧


事務所一覧メールでのお問い合わせはこちら
ページトップへ